Club Noir
Down Town Lot 24
Ground Floor
Overview | Ground Floor | First Floor |Download
Interior Designer's Note
 というわけで、「クラブ・ピンクフラミンゴ」の路線を継承して、よりいっそうかっこよくモダンにするというのが目的でした。いちおう黒を基調として、ハイテクでグランジな感じ。
 オブジェクトはこういうところでないと使えない、エクストリーム系というか、ビザール系のサイト――Dincer Hepgulerとか、Simzalabimとか、Parsimoniousとか――のものを中心に据えようと思いました。(作ってる人たちは別にビザールだとは思ってないはず。私が勝手にそう思ってるだけです。すみません)
 ただ、問題はDincerもSimzalabimもどっちかと言うとトラッド調で、クラブの雰囲気じゃないことですね。でも、作ってみればわかるさと、例によって見切り発車。どうなったかは写真をご覧ください。
Entrance
 新規開店のクラブにさっそうと現れたシムじゅんこ。ちゃんとクラブ用のおしゃれなドレスに着替えてきてます。着ているのは「クラブ・ファッションならここがいちばん!」と私が思っているAfter Midnight Simsのドレスです。胸もあらわなアニマルプリントのミニドレス(後ろが長くなっている)に黒タイツの組み合わせです。周囲のインテリアにもしっくり調和してますね。よし、決まった!
 一方、外ではバス停で来ないバスを待つミス・クランプルボトム(笑)。ダウンタウンはバスじゃなくてタクシーなのに。(なぜかプレイヤー・キャラ以外は歩いてきますが) Simulationにありました。
Dancefloor
 「イエーイ! 今夜のディスコ・クイーンは私よ!」 ミラーボールの下、ハイ・テンションで踊りまくるシムじゅんこと、冷めた表情のギャラリー(笑)。
 これはステージ部分を拡大して見たところ。うしろにドラムセット(77 Simlane)やギターがあるってことは、ここでライブもできるんですね。今日の出演はDJ Z-Buffer。彼はこのクラブの専属DJです。
 床のアレンジ見てくださいねー。こういうところも手を抜いてないんですよ。DJブースの手前のモニタースピーカーとスチールの階段はKiss Me Alive。
 そしてダンスフロアにはもちろんミラーボール! あるのは知ってたんだけど、どこにあるか忘れてしまって、捜すのに苦労しました。実はOpheliaの作品だったんですね。意外! これはライトのクローンで、光るのはもちろん、クルクル回って本物みたい!

 しかし、こうやって見ると、私の作ったキャラはみんな決まってるのに、タウニーがいかにも野暮ったいな。先にドレスチェックをするべきだった(笑)。(SimEnhancerがあると、タウニーのヘッドやスキンも変えられます)
 踊り疲れたらこのソファでちょっと一休み。ソファはこの手のオブジェクトを作らせたらピカイチの4Ever Simfantasy。後ろの絵画(Opal Sims)も、床のラグ(STP Carley)もすごく気に入ってるので大きい写真で見せたかった。SF調のスライドドアはOdd Simsがコンバートしてくれたシムズ・オンラインのドアです。ブーンといって横にスライドするのがかっこいい。
Bar
 まだ明るいうちからにぎわいを見せるバー。クロームとブラック・マーブルのバー・セットはParsimoniousのBlack Mambaセットから。もうバッチリ決まってますね。私は普通、これ以上ファイルを増やしたくないのでNPC付きのオブジェクトは原則として使わないのですが、このバーのNPCはスキンがあまりにもかっこよくて雰囲気に合っているので使いました。バーの後ろに立っているのがバーテン、後ろを向いてるのがバーメイドです。黒のスネーク・スキンがセクシー!
 右にある変な形のものはゲームマシンです。このセットには他にもバブルマシンやダンスケージ、ロデオマシンまであるんですが、さすがに全部使うのは断念。
 ここで注目してもらいたいのは床。こういう「光る床」を使うといかにもクラブらしく華やいだ雰囲気が出るでしょう? 前のページの全体図で見てもらうとよくわかるんですが。もちろん、本当に光るわけじゃなくて、ライティングのような効果を与えてあるだけですが、こういう床や壁紙を作っている人はたくさんいるので、使ってみてはいかが?
 反対側も見てください。黒いラブタブはBewitched。ラグはSimzalabim。後ろのカウンターと皿洗い機とネオンサインはDincer Hepgulerのミレニアム・セット(The Sims Resource)から。Dincerならではのエクストリームなセットで、あっちこっちに使ってます。
 カウンターの上の噴水のようなものは、ユニークなアイディアとオリジナリティ(と技術力)ではDincerとタメを張るParsimoniousのパンチボウル! よくまあ、こういうけったいな形のものを考えるなー。上からパンチが噴水のように流れ落ちるアニメーション付きです。
Restaurant
 「き、きみという女は、ぼくというものがありながら、知らない男とデートなんかしてー!」 浮気がバレてしまったシムじゅんこ(笑)。
 ハハ。頭の上にマークがついてないのでおわかりのように、じゅんこはプレイヤー・キャラクターじゃないんですね。フリーウィルについてブツブツ文句ばかり言っていたけど、解決法を見つけたんです。
 どうでもいいボンクラ男をひとり作って、そいつにダウンタウンに行かせ、彼は放っておいて、客として訪れたじゅんこを見てるだけなんですね。どうせ普段から私はほとんど見ているだけだから同じだし、さいわい、ダウンタウンでは死なないからプレイヤー・キャラは放っておいても大丈夫。(でもかわいそうだから、ときどき食事だけはさせている) 
 これならじゅんこはちゃんとひとりで行動してくれます。そればかりか、毎日違う男を連れてクラブに現れるというプレイガール生活も楽しめる! おほほ! でもこうやってデートの最中に彼氏とばったり会うとちょっと気まずいです(笑)。
 気を取り直してインテリアについて解説です。最初は外観と換気扇(デフォルトの窓)に合わせて、壁紙も床も全部グランジ系で統一しようと思ってたんです。ほら、コンクリートやリベット打ちの鉄板むき出しで、サビて汚れた感じの。ところがそれだとどーもきれいに見えない。というか、雰囲気出すためにわざと窓を少なくして暗くしてあるから、ただ真っ黒けに見えるだけなんですね。
 そこで思い切って、ビビッドな蛍光色を使ってみたら、こっちのほうがステキだし、照明効果も映えるし、クラブらしい非日常的で華やかな雰囲気になったじゃありませんか。壁床はむしろ派手すぎると思うぐらいでちょうどいいんですね。
 それであわててそういう壁紙を捜したんだけど、これが案外ない。自分でも「こんなの使えない」と思って特に集めてなかったし。それでさんざん捜しまわって発見したんですが、こういう壁紙は意外やゴス系サイトに多いんですね。このクラブで使った壁床の多くはゴス・サイトで見つけたものです。(出所はダウンロードのところにまとめました)
 でもレストランはそれよりちょっぴりシックでクラッシーな感じにしたかったので、使ったのはBriSimsの壁床セットです。テーブルはバーと同じParsimoniousですが(別のを使いたかったんだけど、ぴったりのがなかったので)、椅子は「マトリックス・ハウス」でも使った4Ever Simfantasyです。
 バーの照明はメタリックな内装に合わせてまたミラーボールでしたが、レストランは照明もシックでゴージャスなものに替えました。このシーリング・ランプはMermaid Cove。
 奥のソファセットはまたSTP Carleyです。このクラブにSTPが合うというのは自分でも予想できなかったんですが、あそこの作品もある意味非日常的なので、むしろ普通の家より商業施設のほうが合うんですね。色も壁床とまったく違うので、無理かなと思ったんですが、色調と質感がそっくりなので無理なく溶け込むという見本です。(詳しい解説は「じゅんこ式インテリアデザインのコツ」に書きました。
 こちらが厨房。こんな小さいキッチンに使うのはもったいない!と思うようなDincerのミレニアム・キッチンです。さすがにキッチンは地味(笑)。
Toilets
 メタリックな黒の男子トイレです。目を引くのは奥の丸いミラーと男性ヌードのパネル。バスルーム・セットはこれというものがなく、あり合わせを使ったので、装飾でドギモを抜こうというこんたんです(笑)。どっちもDincer Hepgulerの作品。特にパネルはお気に入り。これほど出来のいいヌードがたくさんあったら、前から言ってる「アダルト・ハウス」ができるのに。
 カウンターと鏡と鉢植えは4Ever Simfantasy。
 お気づきのように、このクラブでは装飾も家具も必要最小限しか置いてません。理由は、人が大勢集まるところなので、なるべくスペースを多く取りたいこと。ただでさえ大きい建物なので、オブジェクトが多すぎると、ゲームスピードがのろくなってしまうこと。もうひとつには、ものがごちゃごちゃあると生活感が出てしまって、クラブのような非日常空間にはふさわしくないことです。逆に、いかにも人が暮らしているような生活感を出したかったら、小物をごちゃごちゃ置くのがコツです。
 でも物が少ないとなんかガランとして寂しい。そこでここでは床の取り合わせに工夫しています。
 バスルームにはシャワー室も付いています。ちゃんと使えるんですよ。ダウンタウンにカテゴライズして、visitor enabledにしたら使えるようになりました。
 女子トイレには化粧カウンターが付属しています。右に見えるデコ・ミラーはAnna's Timeless Treasures。見ての通りアールヌーボーです。メタリックな空間にアールヌーボー? 明らかにミスマッチですが、このわけのわからないところがかえってクラブっぽい(笑)。女の子らしいし、まあいいか。
それではいよいよVIP専用フロアにご案内


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送